WienerBlut

2009年にウィーンで生まれたユニセックスフレグランスブランド。
創業者でクリエイティヴディレクターのAlexander Lauber(アレクサンダー・ローバー)がインスピレーションの源とするのは、19世紀末のウィーンの街とその文化です。
ローバーを魅了してやまないのは、絵画・建築・音楽などさまざまな芸術文化が百花繚乱の様相を呈した、オーストリア=ハンガリー帝国時代のウィーン。
ブランドネームの「WienerBlut」は、ヨハン・シュトラウス2世が1873年に作曲した有名なワルツ「WienerBlut(ウィーン気質)」に由来しています。
ブランド設立当初は、かつてウィーンに実在した香水のレシピをたどりながら香りを構築していったというローバー。
貴重な天然原料をふんだんに使って創り上げた香りのひとつひとつには、彼の想いが詰まったストーリーが。いずれの香りも知性と官能性を漂わせつつ、軽やかなつけ心地に仕上がったオードパルファムです。

about Alexander Lauber

米マサチューセッツ州のケープコッドに生まれる。
オーストリア人の祖父の影響でウィーンに魅力を感じ続け、イタリアのボローニャやオーストリアのザルツブルクなどを転々としながら育つ。
広告業界でクリエイティヴディレクターとして働いた後、香水の道へ。
「香水作りは私にとって、自分の思想やアイディアを表現し、人々と分かち合うための方法なのです。」

  • Nord du Nord

    Nord du Nord

    現在では作られていない世紀末の香りにインスパイアされたもの。 山林や松葉、雪や木々の新鮮な香り。冷たさと温かさの両方の要素を持っています。最初はペパーミントとユーカリの香りが優位を占めていますが、時間とともにとてもウッディでバルサミコのような香りに変化します。19世紀末にウィーンの上流階級の人々が山間部で休暇を取り始めたことに由来した香りです。 50ml / 100ml

  • Palais Nizam

    Palais Nizam

    フランツ・フェルディナント大公が 19 世紀末にインドのハイデラバードへ旅したことに着想を得た香り。 そこで大公は当時世界で最も裕福だと考えられていたニザーム家を訪問しています。この香りはヴィンテージレザーと樫の木の気配を漂わせた植民地時代の記憶を呼び起こすもの。インディアン ダヴァナ ( 注 : ヨモギの一種 ) と、サフラン & パチョリは、このクラシックなテーマにぴったりです。 50ml / 100ml

  • Ex Voto

    Ex Voto

    オーストリア帝国の祭日であった聖体祭へのオマージュ。 暑い夏の日にあっても涼しく静寂に包まれた、石の大聖堂の秩序をもたらします。3 種類のフランキンセンス ( 乳香 )、カモミールとナツメグという未精製の原料を使用。燃えた蝋燭の芯や、大理石の床の上を忍び寄ってくる冷たい煙のような香りを思い起こさせます。 ※ EX VOTO とは、願いが叶った時、教会への感謝と奇跡の証を込めて奉納する奉納物の意。 50ml / 100ml

  • Hesperia

    Hesperia

    19 世紀末当時に人気のあった香りのひとつで、オレンジの温室への賛辞。 当時は最も裕福な人間だけが珍しい柑橘類を集め、農園を経営することを許されていましたが、中でもマンダリンオレンジは長い間、最も高貴なものとして知られていました。マンダリンとセドラ ( 注 : レモンの原種 ) の香りに始まり、同時に柘の木やジャスミン、杉に囲まれた庭の気配も感じさせます。※ HESPERIA とは、西方の地の意。 50ml / 100ml

  • Freudian Wood

    Freudian Wood

    フロイトによる『夢判断』(1899 年初版 ) から着想を得た香り。 彼によると木は女性を、特に女性の乳房を表しているといい、このミルキーかつウッディな香りへのヒントとなりました。甘さを表現したフレグランスとは一線を画し、甘美なウッドノートとラクトニックな香りが相まって、親密な肌の感触を想起させます。全体を包み込む非常に高貴な印象は、アンバーグリスやオーストラリア産サンダルウッドといった高価な天然原料が生み出すもの。 50ml / 100ml

  • Unheimlich

    Unheimlich

    フロイトの 1919 年の論文、「不気味なもの」からインスピレーションを受けて作られた香り。 ダーク、クリーン、汚らわしさ、純潔、エロティック、動揺、好奇心が同時に構成されるような、他では類を見ない複雑な香り。 成分の20%が天然原料という贅沢な作りとなっており、複雑な香りの変化を楽しんでいただけます。50ml / 100ml

  • Klubwasser

    Klubwasser

    文明化によって崩されることのない、何世紀にも渡る人類の哲学的概念を讃える、未開拓の自然そのものが持つ美しさを際立たせる香り。折れたばかりの小枝、匂い立つ草、ダークグリーンのイラクサが、樹木の茂る丘を抜ける高貴な野生の通り道を示します。くっきりと瑞々しいグリーンと大地が織り成す、フレッシュかつ神秘的な香り。50ml / 100ml

4,800

biotope