サイトマップ
家具 セラミック&グラス ポスター 書籍 その他
biotopeトップへ
Charlotte PerriandCharlotte Perriand
[シャルロット・ペリアン]
1903-1999 フランス
インテリア・家具デザイナー。
シャルロット・ペリアンは1903年、パリに生まれる。パリのエコールUCADにて学んだ後、1927年にル・コルビュ ジェのアトリエに入る。 才能を認められ、ル・コルビュジェのアトリエではLC1LC4などの家具を Le Corbusier、Pierre Jeanneretと共同でデザインする。
1940年、ジャン・プルーヴェ、ピエール・ジャンヌレらと事務所を設立。 同年、コルビジェ事務所で同僚であった板倉準三に誘われたこともあり、日本政府に招かれ工芸の指導のため、日本を訪問。河井寛次郎に触発され竹製家具の制作を行うなど 日本での体験は、その後の作品にも影響を及ばしている。 このときは柳宗理の案内で各地を旅していたという。 また高島屋にてその活動を紹介する展覧会、「選択・伝統・創造」展も開催された。 戦争の影響で日本を後にし、インドネシアでの滞在を経てフランスに帰国。パリでの 活動を再開する。ル・コルビュジェの集合住宅ユニテ・ダビタシオンにも参加。 1955年には再び日本で「ル・コルビュジェ、レジェ、ペリアン三人展」を開催。 このためにデザインしたペリアンチェアは1996年に天童木工から復刻されている。 85年にはパリ、96年にはロンドンで回顧展が開催されている。 1999年没。デザイナーとしてのキャリアは70年以上に及ぶ。
2005年12月7日から2006年3月27日にかけてパリのポンピドゥー・センターでは大規模な回顧展が開かれる。
Charlotte Perriand: Un art dhabiter
Charlotte Perriand: Un art dhabiter

売り切れ
and more >>>
Charlotte Perriand
Charlotte Perriand

売り切れ
and more >>>
ALL RIGHTS RESERVED BIOTOPE(C) 2003