サイトマップ
家具 セラミック&グラス ポスター 書籍 その他
biotopeトップへ
Bruno MathssonBruno Mathsson
[ブルーノ・マットソン]
1907-1988 スウェーデン
建築家・デザイナー
Bruno Mathssonは、家具職人の家の5代目だった父Karl Mathssonのもと、自然と家具の道に入り、若い頃から必要な技術を学ぶ。 マットソンは、シンプルなだけでなく機能的な家具をつくることを目指し、多くの本を読み、自ら勉強していった。1930年、病院の椅子のデザインを依頼を受け、Bruno Mathssonにその理論を実行に移すチャンスが持ち上がる。伝統的な方法を用いず快適な椅子をつくるために彼は普通でない方法をとった。テープ状の生地を編みこんで椅子のフレームを包んだその椅子は物議を醸し、病院のスタッフは、彼が有名なデザイナーになるまでの間その椅子をしまいこんでしまったほどだった。 その後もやる気のある彼はあきらめずに彼のアイデアを形にしていき、model 36の椅子(やはり布テープを編んでフレームを包み込んだデザイン)で実を結ぶ。 36年にはRohsska Arts and Crafts Museumで個展の機会を得る。翌年にはパリ万博での展示。 その後ニューヨークやサンフランシスコなど、その作品は世界で注目されるようになった。 1976年には来日し、日本人の暮らしに合わせて彼の考えを実現した椅子Highback Chairをデザイン。現在も天童木工で製造され、美しく快適な使い心地で多くの人に愛されている。 1981年、スウェーデン政府よりプロフェッサーの称号を受ける。 1988年没。
人間の体にあわせた有機的でやわらかなデザインでかつ使い心地の良い作品たちは、彼の死後も、様々な美術館の中で、作品としてはもちろん設備としても使われている。
Bruno Mathsson: Bruno Mathsson
Bruno Mathsson: Bruno Mathsson

売り切れ
and more >>>
Bruno Mathsson
Bruno Mathsson

売り切れ
and more >>>
Bruno MATHSSON
Bruno MATHSSON

¥ 9,954 (税込)
¥ 9,480 (税抜)
and more >>>
ALL RIGHTS RESERVED BIOTOPE(C) 2003